さまざまな事例をご紹介|法律業務関連コラム

法律業務関連コラム

公園ねこ適正管理推進サポーター制度がはじまってます

カテゴリ: その他(個人)

大阪市が管理する都市公園での所有者不明ねこ(いわゆる野良ねこ)をめぐる様々なトラブルを防止するため、大阪市では平成23年4月1日より、「公園ねこ適正管理推進サポーター制度」を実施しています。


この制度は、大阪市が所有者不明ねこの対策として、平成22年度から実施している「所有者不明ねこの適正管理推進事業」を公園に適用することを原則としており、公園のねこに避妊去勢手術を行って、その一代限りの命となったねこを適正に管理する取り組みだそうです。


 このサポーターには誰でもなれるわけではなく、大阪市が実施する研修を受けた市民の方(市民ボランティア)が,サポーターとして、公園のねこを適正に管理するための活動を行うのだそうです。


非常に画期的な制度だと思います。動物愛護を図ると共に,公園の環境保全も可能となる。そして,この取り組みが,市民と行政とのタッグで実現できる。

これから、この制度の行方をしっかりと見守りたいと思います。

参考HP 大阪市

法律業務関連コラム

↑このページの上部へ